新しいモデリング時代の到来 世界で最も使われている3Dプリンタ

 

商品ラインアップ

特長
FDMシステム
FDMシステムの最大の特長は、造形材料にリアルプラスチックが使用できる点にあります。ABSやPCなどの樹脂「そのもの」が使えるため、FDMシステムで造形されたモデルは強度や耐熱を要する様々なテストや確認に使用することができます。FORTUS(フォータス)シリーズの上位機種ではスーパーエンジニアリング・プラスチックにも対応しており、実部品や型、治具を直接製造する「DDM(direct digital manufacturing)」が可能です。
FDM造形方式について(熱溶解積層方式)
FDM(熱溶解積層法)とは、ABSなどの熱可塑性樹脂を熱で溶融、積層することでモデルを造形する方式です。優れたX・Y軸の高速動作制御とZ軸の精密な昇降コントロールにより、寸法精度に優れたモデルの造形を実現しています。
 

Polyjetシステム
Polyjetシステムは、インクジェットノズルから液状の光硬化性樹脂を射出することにより、最小積層圧0.016mmという高精細なモデルを造形できることが最大の特長です。驚くほど精巧なモデルを手軽に手に入れることができるようになるため、従来のデザイン開発プロセスが大きく変革します。ハイエンドモデル「Connex(コネックス)」 は、2種類の材料を混合することで100種類以上の材料パターンを可能にした世界初の「デジタルマテリアル機能」を搭載。最大14種類の異なる材料を組み合わせたモデルを単一モデルとしてプリントできます。最終製品の外観だけでなく、感触の再現も可能にしました。
Polyjet造形方式について(インクジェット方式)
液状の光硬化性樹脂をインクジェットプリンタのようにドットで吹き付け積層すると同時に、UVランプで露光・硬化させモデルを造形する方式です。最小積層厚0.016mmという微細な積層により、滑らかな表面を持ったモデルの造形を可能にしています。 
 

お問い合わせ
商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。

株式会社 青森共同計算センター

営業本部付 産業ビジネス課
原子
電話番号:017-771-1111(代表) 内線131
FAX番号:017-771-1121